FUJI Wifi 縛りなしWiFi SPACE Wi-Fi おすすめについて

 

SPACE Wi-Fi

「最安値保証」の民泊用レンタルWi-Fiです。
SPACE Wi-Fiだけ口座振替が可能となっており、クレジットカードを作っていない学生に人気
費用面では、月額3,680円となりますが、初期費用・解約費用はかかりません。
通信制限を見ると、1日3GBは確実に使うことができます。
つまり、費用とスペックを考慮すると、SPACE Wi-Fiは【コスパNo.1】のモバイルWi-Fiといえます!>>詳細はこちら

月額 初期費用 解約費用
3,680円 0円 0円
通信制限 支払方法 公式サイト
WiMAX3日10GBまで、SoftBank1日3GBまで クレジットカード or 口座振替 【最安値保証】のSPACE Wi-Fi

縛りなしWiFi

契約期間縛りのない【縛りなしWiFi】
月額料金は業界最安値級の3,300円!

契約期間なし/契約縛りなし/入院Wi-Fi/民泊Wi-Fi/無制限Wi-Fi
・契約期間縛りなし
サービス名の通り契約期間縛りがないので、最低利用期間の1ヶ月以上利用すれば、
好きな時に解約できて違約金も発生しません!>>詳細はこちら

月額 初期費用 解約費用
3,300円 0円 0円
通信制限 支払方法 公式サイト
1日2GBまで クレジットカードのみ 縛りなしWiFi

FUJI Wifi 100GBプラン

縛り無し、解約金無しで月間データ量無制限!WiMAX2+の回線品質を手軽に使える!
WEBサイトから簡単申し込み!発送も基本、申し込み完了後、2営業日以内にスピード発送。
レンタル時のトラブルも安心!保証が充実(落下、水没、破損なども特別な負担なしで)安心。

スマホなどで月中ばでデータ量が上限を超えてしまい追加料金を払って使っているユーザーに特におすすめ!
1台で複数台つかえるのでシェアOK>>詳細はこちら

月額 契約事務手数料 サポート料金(加入必須)
3,800円 2,000円 300円
通信制限 支払方法 公式サイト
月間100GBまで クレジットカードのみ 【FUJIWifi】

民泊WiFi famifi

月間通信制限なし!契約期間の縛りなし!民泊用ポケットWi-Fi【famifi】
[必見]個人・法人で契約期間の縛りが無いポケットWi-Fiを検討されている方
業界最安値宣言!
月額料金2,480円~の驚きの低価格を実現!
月間通信制限なし!
利用量の多い方におすすめです。>>詳細はこちら

月額 契約事務手数料 解約事務手数料
3,480円 4,000円 3,000円
通信制限 支払方法 公式サイト
月間30GBまで、かつ、1日3GBまで クレジットカードのみ 業界最安値宣言!民泊Wi-Fi【famifi】

「モバイルWiFiを購入するつもりだけど…。

今の段階での4Gというのは本当の意味での4Gの規格とは別なものであり、日本の国では今のところ販売開始されていないモバイル通信サービスです。その4Gの正式な公開までの移行期間の通信規格として開始されたのがLTEになります。

WiMAXにつきましては、もちろんキャッシュバックキャンペーンが人気を博しますが、最近の傾向として月額料金を抑えることができるキャンペーンも非常に人気が高いです。

遠くない将来にWiMAXを買うという時は、疑う余地なくWiMAX2+のギガ放題を選びましょう。通信速度が速い以外に、WiMAXのサービスエリア内でも使えることになっていますから、接続不能ということがほとんどないですね。

現在市場に投入されているWiMAXモバイルルーターのラインナップの中でも、W03は殊更バッテリーの持ちが長いのです。長時間の営業などでも、気に掛けることなく使うことができます。

「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが扱っているWiFiルーターすべて」というのが本当は正解になるのですが、「家の外でもネットを可能にしてくれる端末すべてを指す」と考えた方が賢明です。


「モバイルWiFiを購入するつもりだけど、無制限・高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのいずれにした方がお得か迷ってしまっている。」と言われる方を対象に、両者を比較して一覧にしてみました。

WiMAXの通信サービス可能エリアは、ジワジワと時間を使って伸展されてきました。その為、今では市中のみならず、地下鉄の駅なども不通だということがない水準にまで到達しているのです。

モバイルWiFiの1カ月毎の料金は概ね3000~5000円程度ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを前面に打ち出しているところが存在しているのです。このキャッシュバック金額を全コストからマイナスすれば、実質支払額が算出されます。

一番大盤振る舞いのプロバイダーなんかは、キャッシュバックを40000円に届きそうな額に設定しているので、モバイルWiFi自体の月額料金が一見高い設定になっていても、「平均してみるとこちらの方が安い」ということがあると言えるのです。

自分の家では、ネットに繋げる際はWiMAXを使うようにしております。心配していた回線速度につきましても、少しもストレスに悩まされることのない速度です。


「格安sim」「ワイモバイル」「WiMAX」全部を購入候補として、それらのプラス面・マイナス面を把握した上で、利用状況毎にモバイルルーターをランキングの形でご案内させていただきます。

今現在はLTEを使うことが可能なエリアは一部に限られてしまいますが、エリア外で通信する際は強制的に3G通信に切り替わる仕様となっていますので、「繋げることができない」という様なことはないと言い切れます。

ポケットWiFiと呼ばれているものは、月毎に利用が許される通信量とか電波の種類が違っているので、どのように使用するのかによって一人一人に適するモバイルWiFiルーターも違って当然ではないでしょうか?

今流行りのWiMAXを使ってみたいという人は多くいらっしゃると思いますが、「WiMAXとWiMAX2+では、どこが異なるのかが明らかになっていない」という人に役立ててもらえるように、その違いをご案内しております。

残念ながらWiMAX2+のサービスエリアとはなっていないとおっしゃる方も、目下販売されているWiFiルーターであれば、従来回線のWiMAXにも繋ぐことが可能になっていますし、月額1055円は必要ですがオプション料金を払うようにすれば、「au 4G LTE」にも接続できます。

 

ページの先頭へ戻る